いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 1971年

- - 開催中

ちひろ いのちを見つめて

いわさきちひろは、生涯、子どもを描き続けた画家です。彼女が残した作品のなかには、子どもが見せる一瞬の表情や、あらゆる子どもの姿態がとらえられています。ちひろは、平和な日常のなかでかがやくいのちを見つめ続け、絵を通して、そ […]

詳細を見る

ジョン・バーニンガム ねずみのコンサート 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年

- - 開催中

ちひろ美術館コレクション展 ねずみとはりねずみの絵本

「ねずみ」はどんな動物でしょうか? ねずみの仲間は1000種類以上います。ハツカネズミやクマネズミ、モルモットやカピバラもねずみです。世界中のあらゆるところに生息し、古くから人間の近くでも暮らしてきました。食べ物を盗んだ […]

詳細を見る

『ふきまんぶく』(偕成社)より 1973年

-

<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、これから―

田島征三は、幼いころから画家を目指し、80歳となった今もエネルギッシュに制作活動を続けています。本展では、33歳のときの絵本『ふきまんぶく』を起点とし、彼が常に表現してきた、いのちの諸相を紹介します。 田島は美術大学に入 […]

詳細を見る

エンリケ・マルチネス 動物シリーズ No/28 1990年

-

ちひろ美術館コレクション ふしぎな生き物

ちひろ美術館のコレクションには、ふしぎな生き物が描かれた作品がたくさんあります。画家は想像力を働かせ、試行錯誤しながら現実の世界にはいないふしぎな生き物を創作しています。その姿には、デザインや色、美しさや不気味さなどさま […]

詳細を見る

ショーン・タン 『アライバル』より 2004~2006年

- - 開催中

<企画展>ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

本展は、昨年、ちひろ美術館 ・東京で開幕し、大きな反響を呼びました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開始が遅れましたが、安曇野での展覧会に寄せて、タン本人からイラストレーションとともにメッセージが届きました。 この重大 […]

詳細を見る

いわさきちひろ やぎと男の子 1969年

-

ちひろ 色のない色

「赤いと思えば赤く塗るし、紫だと思えば紫をつけた。空を黄色くすることもあれば、水を桃色に描いたりもする」と語っていたちひろは、目に見える通りに描くのではなく、心で感じた色を使って自由に描きました。本展では、ちひろが好んで […]

詳細を見る

ジョン・バーニンガム ねずみのコンサート 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年

-

ちひろ美術館コレクション ねずみとはりねずみの絵本展

「ねずみ」はどんな動物でしょうか? ねずみの仲間は1000種類以上います。ハツカネズミやクマネズミ、モルモットやカピバラもねずみです。世界中のあらゆるところに生息し、古くから人間の近くでも暮らしてきました。食べ物を盗んだ […]

詳細を見る

田島征三 『ふきまんぶく』(偕成社)より 1973年

-

<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、今―

田島征三は、幼いころから画家を目指し、80歳となった今もエネルギッシュに制作活動を続けています。本展では、33歳のときの絵本『ふきまんぶく』を起点とし、彼が常に表現してきた、いのちの諸相を紹介します。 田島は美術大学に入 […]

詳細を見る

いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 1971年

-

ちひろ いのちを見つめて

いわさきちひろは、生涯、子どもを描き続けた画家です。彼女が残した作品のなかには、子どもが見せる一瞬の表情や、あらゆる子どもの姿態がとらえられています。ちひろは、平和な日常のなかでかがやくいのちを見つめ続け、絵を通して、そ […]

詳細を見る