いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 1971年

-

ちひろ いのちを見つめて

いわさきちひろは、生涯、子どもを描き続けた画家です。彼女が残した作品のなかには、子どもが見せる一瞬の表情や、あらゆる子どもの姿態がとらえられています。ちひろは、平和な日常のなかでかがやくいのちを見つめ続け、絵を通して、そ […]

詳細を見る

ジョン・バーニンガム ねずみのコンサート 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年

-

ちひろ美術館コレクション展 ねずみとはりねずみの絵本

「ねずみ」はどんな動物でしょうか? ねずみの仲間は1000種類以上います。ハツカネズミやクマネズミ、モルモットやカピバラもねずみです。世界中のあらゆるところに生息し、古くから人間の近くでも暮らしてきました。食べ物を盗んだ […]

詳細を見る

田島征三 『ふきまんぶく』(偕成社)より 1974年

- - 開催中

<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、これから―

今年4月半ば、臨時休館に伴い終了した「田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、今-」。ぜひ展覧会を見たいという声にこたえ、田島の「これから」の視点を加えて再開します。 『ふきまんぶく』ふたたび 絵本『ふきまんぶく』 […]

詳細を見る

エンリケ・マルチネス 動物シリーズ No/28 1990年

- - 開催中

ちひろ美術館コレクション ふしぎな生き物

本展では、ちひろ美術館のコレクションのなかから、画家が趣向を凝らして描いたふしぎな生き物たちを紹介します。 キューバの画家マルティネスは、実在の動物のさまざまな体の部位を組み合わせて、この世には存在しない動物を創作しまし […]

詳細を見る

ショーン・タン 『アライバル』より 2004~2006年

-

<企画展>ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

本展は、昨年、ちひろ美術館 ・東京で開幕し、大きな反響を呼びました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開始が遅れましたが、安曇野での展覧会に寄せて、タン本人からイラストレーションとともにメッセージが届きました。 この重大 […]

詳細を見る

いわさきちひろ ききょうと子どもたち 1967年

- - 開催中

ちひろ 色のない色

清々しい秋の風、蝋燭の幻想的な灯り、雨あがりの空の輝き―ちひろは水に溶ける水彩絵の具の特性や、紙地の白の効果、さまざまな色彩を駆使して、「光」や「風」「空気」までをも表現しました。 本展では、ちひろが画家として歩み始めた […]

詳細を見る

ジョン・バーニンガム ねずみのコンサート 『バラライカねずみのトラブロフ』(ほるぷ出版)より 1964年

-

ちひろ美術館コレクション ねずみとはりねずみの絵本展

「ねずみ」はどんな動物でしょうか? ねずみの仲間は1000種類以上います。ハツカネズミやクマネズミ、モルモットやカピバラもねずみです。世界中のあらゆるところに生息し、古くから人間の近くでも暮らしてきました。食べ物を盗んだ […]

詳細を見る

田島征三 『ふきまんぶく』(偕成社)より 1973年

-

<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、今―

田島征三は、幼いころから画家を目指し、80歳となった今もエネルギッシュに制作活動を続けています。本展では、33歳のときの絵本『ふきまんぶく』を起点とし、彼が常に表現してきた、いのちの諸相を紹介します。 田島は美術大学に入 […]

詳細を見る

いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 1971年

-

ちひろ いのちを見つめて

いわさきちひろは、生涯、子どもを描き続けた画家です。彼女が残した作品のなかには、子どもが見せる一瞬の表情や、あらゆる子どもの姿態がとらえられています。ちひろは、平和な日常のなかでかがやくいのちを見つめ続け、絵を通して、そ […]

詳細を見る