瀬川康男『清盛 絵巻平家物語(五)』(ほるぷ出版)より 1987年

- - 開催中

<企画展> 瀬川康男 坦雲亭日乗―絵と物語の間

絵本界の鬼才と呼ばれた画家・瀬川康男。本展では、画家が「坦雲亭日乗(たんうんていにちじょう)」と題した日記や黒いノートに綴ったことばとともに絵本やタブロー、植物スケッチなど、1977年以降の作品を中心に紹介します。 植物 […]

詳細を見る

ユゼフ・ヴィルコン 『地球の4人の息子たち』より 1991年

- - 開催中

ちひろ美術館コレクション 国交樹立100周年記念 ポーランド、フィンランドの絵本原画

ポーランドとフィンランドとの国交100周年を記念し、ちひろ美術館コレクションから、両国の画家たちの作品を紹介します。 フィンランドは1917年、ポーランドは1918年にそれまでの列強による支配の後、独立を勝ち取ります。国 […]

詳細を見る

いわさきちひろ そうじをする子ども 1956年

- - 開催中

ちひろ・ていねいなくらし

どんどん経済が成長してきたその代償に、人間は心の豊かさをだんだん失ってしまうんじゃないかと思います。(中略)私は私の絵本のなかで、いまの日本から失われたいろいろなやさしさや、美しさを描こうと思っています。 (後略)  1 […]

詳細を見る
タチヤーナ・マーブリナ 「イワン王子とはいいろ狼」より 1950年

タチヤーナ・マーブリナ (ロシア)『ロシアの昔話』(福音館書店)より 1950年

-

ちひろ美術館コレクション展 世界のおはなし

ちひろ美術館では優れた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財と位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による27200点を収蔵しています。本展では、古くから親しまれている世界各国の物語を描いた作品を展示します。 […]

詳細を見る

清水良雄 なはとび 「赤い鳥」1932年6月号(赤い鳥社)より 1932年

-

<企画展> 童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―

第一次世界大戦を経て、後に大正デモクラシーと呼ばれた文化潮流が起こった1910年代。西欧から当時の先進的な技術や知識とともに、新しい芸術思潮や近代的な教育思想が一気にもたらされ、子どもについても、個性を尊重する考え方が広 […]

詳細を見る

いわさきちひろ おやゆび姫 1972年

-

ちひろ・アンデルセンの世界

デンマークの作家H・C・アンデルセン。日本では、明治19年に「オウサマノアタラシキイショウ」が紹介されてから、子どものための本として翻訳されたり、童話集が出版されるなど、現在に至るまで幅広い世代に読み継がれてきました。 […]

詳細を見る

西村繁男 『がたごとがたごと』(童心社)より 1999年

-

ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!

「列車:旅客・貨物の輸送のために仕立てられた車両の一つらなり」(『辞林』三省堂)。蒸気機関車が最初に走行したのがイギリスで1804年、日本で初の鉄道は1872年に新橋―横浜間に開通しました。蒸気機関から電気へ、と技術の進 […]

詳細を見る

スイートピーとフリージアと少女 1963年

-

信州花フェスタ2019開催記念 ちひろ・花とともに生きて

「子どもも花も大好き」と語っていた画家いわさきちひろ。花は子どもと同様、生涯を通じて描き続けたテーマでした。その暮らしのなかには、常に花がありました。花はちひろの心と創作を支えた大切なもののひとつだったといえます。本展で […]

詳細を見る

ヤヌシ・グラビャンスキ 『カヤのための詩』より 1969年

-

ちひろ美術館コレクション展 ねこ・ねこ・ねこ

古くから人とともにくらし、身近な存在だったねこ。絵本や絵画のなかにもたくさん描かれてきました。本展ではコレクションのなかから、さまざまな技法やデザインで描かれた当館自慢のねこたちを紹介します。 ねこの表現 大の動物好きで […]

詳細を見る

安 泰 『スイッチョねこ』(フレーベル館)より 1975年

-

<企画展> ―童画運動の旗手― ねこの画家 安 泰(やす たい)展

1920年代後半から童画を描き始め、童画の第2世代といわれる仲間たちのなかで中心的な役割を担ってきた安 泰(やす たい/1903~1979)。戦後も真っ先に童画の再興に取り組み、リアリズムに根差した愛らしい動物たちを、子 […]

詳細を見る

いわさきちひろ チューリップとあかちゃん 1971年

-

かわいいものが好き― いわさきちひろ展

いわさきちひろは、幼い頃からかわいいものに惹かれ、その感性を持ち続けて大人になりました。それは、彼女の服や身のまわりの品々のみならず、作品にもあらわれており、読者を魅了する大きな要因となっています。本展では、ちひろの作品 […]

詳細を見る