いわさきちひろ 「ことしのぼたん」1965年

-

【延期】ちひろ 子どもとあそび

子どもはあそびを通じて、自然のなかで感性をはぐくみ、友だちとの関わりのなかで社会性を学ぶなど、さまざまな体験を重ね成長していきます。「子どもの肢体の魅力はかぎりない」と語ったちひろは、夢中になってあそぶ、躍動感あふれる子どもの姿をいきいきと描き出しました。生きる楽しさや幼い日の記憶を呼び覚ますちひろの絵から、人間関係が希薄になり孤立を深める現代において、子ども時代のあそびの大切さを問い直します。

※本展は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための臨時休館にともない、2021年へ延期となりました。