ちひろ自画像30歳頃

いわさきちひろ 自画像(30歳頃)1940年代後半

-

石内都展 都とちひろ ふたりの女の物語

写真を始めた28歳のときから、母の旧姓名を作家名として名乗ってきた写真家・石内都。石内は、「いわさきちひろ」の人生を知るにつれて、2歳しか年の違わない自分の母親「藤倉都」との重なりに気づきました。本展では石内の視点を通し […]

詳細を見る

いわさきちひろ 赤い帽子の男の子 1971年

- - 開催中

<企画展>「ちひろさんの子どもたち」谷川俊太郎×トラフ建築設計事務所

いわさきちひろ(1918~1974)の生誕100年にあたる2018年、東京・安曇野のふたつのちひろ美術館では、「Life」をテーマに、さまざまな分野で活躍する7組の作家がちひろとコラボレートした、いわさきちひろ生誕100 […]

詳細を見る
ショーンタン 『アライバル』より 2004~2006年

ショーン・タン 『アライバル』より 2004~2006年

-

<企画展>ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

絵本『アライバル』で知られるオーストラリアの作家、ショーン・タン(1974~)は、その独創的な世界観と表現力で世界中の人々を魅了してきました。日本初の大規模な個展となる本展では、代表作のほか、立体作品、資料、映像も含めて […]

詳細を見る

いわさきちひろ ほおじろの巣と少年 1971年

-

ちひろが描いた日本の児童文学

いわさきちひろが生まれた1918年は、童話童謡雑誌「赤い鳥」が創刊された年でした。以後同類の雑誌が次々創刊され、童心主義に根差した童話・童謡が栄えました。この大正から昭和にかけて、ちひろは絵雑誌「コドモノクニ」を愛読し、 […]

詳細を見る
ル・カイン アラジンと魔法のランプ

エロール・ル・カイン(イギリス)『アラジンと魔法のランプ』より 1981年

-

ちひろ美術館コレクション 絵本で楽しむ装い

ちひろ美術館では、いわさきちひろをはじめとする日本の絵本画家の作品のほか、欧米、アジア、東欧やロシア、南米やアフリカなど34の国と地域、207名の画家の作品約27,200点を収蔵しています。本展では、「キッズファッション […]

詳細を見る

いわさきちひろ バラと少女 1966年

-

ちひろ美術館×文化服装学院 共同企画 ちひろのキッズファッション

美しい色調やモダンなデザイン、いかにも着心地のよさそうな服を着ている子どもたちが登場するいわさきちひろの絵。こうした作品には、ちひろ好みのデザインやファッションセンスがちりばめられています。本展では、ちひろが描いたおしゃ […]

詳細を見る