3月2日(月)教員特別内覧会の開催について

ちひろ美術館・東京では、展覧会「没後10年 瀬川康男 坦雲亭日乗―絵と物語の間」「いわさきちひろ 子どものしあわせ―12年の軌跡」にあわせ、3月2日(月)に、「マスコミ・教員向け内覧会」を開催いたします
ご多用とは存じますが、ぜひご来館くださいますよう謹んでご案内申し上げます。

ちひろ美術館・東京は、画家いわさきちひろ(1918-1974)が絵を描き暮らした自宅跡地にある、世界初の絵本専門の美術館です。1977年の開館以来、ちひろが絵に込めた思い、大切にしていたことを見つめ、展覧会を中心とする活動を通して伝えてまいりました。

図画工作科に限らず、生活科、社会科、国語科、総合的な学習の時間、道徳教育、アクティブラーニングにつながる対話型鑑賞など、さまざまな教科・視点での利用について、また、地域の美術館や美術作品を利用した教育の可能性について、広くご意見をうかがえましたら幸いです。

下記開催概要をご確認の上、2月28日(金)までにお申し込みください
みなさまのお申し込み、ご参加を心よりお待ちしております。

【教員特別内覧会 開催要項】
■日時:2020年3月2日(月) 15:00~17:00
(14:00より展覧会の鑑賞可能)
■当日スケジュール
15:00~15:20 ちひろ美術館・東京 2020年活動紹介
15:20~16:00 展覧会担当者によるギャラリートーク
16:00~17:00 教育普及プログラム「ちひろの水彩技法体験」(にじみ技法体験)

■場所:ちひろ美術館・東京
東京都練馬区下石神井4-7-2
(西武新宿線上井草駅徒歩7分)

■対象:小・中・高・大学の教員の方(幼稚園教員・保育園の保育士の方も可)

【参加方法】
下記掲載の「教員特別内覧会申し込み」(PDFファイル)を印刷し、
ご所属の学校名、ご来館される先生のご氏名、学校のご連絡先等をご記入の上、
ちひろ美術館・東京まで、FAXにて2月28日までにお申し込みください。

20200302教員特別内覧会申し込み(事前申し込み書類)

【ご案内】
・展覧会の内容について詳しくお知りになりたい方は こちら
・学校向け教育プログラムについては こちら