2021年4月11日(日)

赤羽茂乃講演会「赤羽末吉の人生と絵本-大陸と雪国」

【日時】
【会場】 安曇野ちひろ美術館・多目的ギャラリー
【定員】 40名
【参加費】 500円(入館料別)
【申し込み】 要事前予約(安曇野ちひろ美術館公式サイト/TEL.0261-62-0772 にて)
【講師】 赤羽茂乃

※本イベントは定員に達したため、募集を締め切りました。

「生誕111年 赤羽末吉展 絵本への一本道」の開催を記念して、赤羽末吉の研究家で『絵本画家 赤羽末吉 スーホの草原にかける虹』の著者である赤羽茂乃さんによる講演会を行います。

赤羽末吉の三男の妻でもある茂乃さん。
家族ならではのエピソードも交えながら、赤羽末吉の絵本と仕事、生涯を語ります。

※本講演は、オンライン配信も予定しています。
オンライン配信の詳細は、講演終了後にご案内いたします。

作品:赤羽末吉 『スーホの白い馬』(福音館書店)より 1967年

赤羽茂乃 Shigeno Akaba

1952年、東京に生まれる。1979年、絵本画家・赤羽末吉の三男、研三と結婚。住まいを近くし頻繁に行き来しながら、義父である赤羽末吉の日々の暮らしに触れる。1990年、赤羽末吉他界後は、夫の研三とともに遺された原画やフィルム、スケッチなどの整理に携わりながら、絵本画家が辿った軌跡とその作品について調査を重ねる。現在、赤羽末吉研究の第一人者として、その生涯と作品の魅力を多くの人々に伝えるため、各地で精力的に講演活動をおこなっている。横浜市在住。