いわさきちひろ 雨上がりの街と子ども 1970年

いわさきちひろ 雨上がりの街と子ども 1970年

-

ちひろ 光のいろどり

やわらかな木漏れ日や、まぶしい陽の光、十五夜の月の光、ろうそくの灯り――。
いわさきちひろは、水彩絵の具の濃淡や、たっぷりとした余白、白抜きのシルエットなどを使い、明確な形はないけれど感じることのできるさまざまな光を、卓越した技法で描き出しました。本展では、ちひろの光の表現を、技法にも着目して紹介します。