2020年4月26日(日)
15:00~16:30

【延期】編集者が語る―坦雲亭で生まれた絵本

お申し込みはこちら

【日時】
【会場】 ちひろ美術館・東京 図書室
【対象】 一般
【定員】 50名
【参加費】 700円(別途入館料が必要です)
【申し込み】 2020年3月26日(木)10時より受付開始
【講師】 川崎康男(福音館書店 元編集者)

編集者として瀬川康男を担当し、坦雲亭(たんうんてい)をたびたび訪れていた川崎康男が、画家の坦雲亭での日々や絵本づくりについてお話しします。

*新型コロナウイルス感染症の現状を鑑み、感染拡大を防止する観点から、当初開催予定の4月5日(日)から4月26日(日)に延期させていただきました。4月5日でご予定してくださっていたみなさまには誠に申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。

◆関連展示
没後10年 瀬川康男 坦雲亭日乗―絵と物語の間(あわい)

※予約受付・確定メールは「@chihiro.jp」のドメインでお送りいたします。お申し込みの方は、メールを受信できるよう事前に設定をお願いいたします。
(24時間以内に自動返信メールが届かない場合には、再度受信設定をご確認ください)

※新型コロナウィルスによる感染症の広がり等の状況により、当イベントを中止とさせていただく場合がございます。何卒ご了承ください。

イベント申込フォーム - 【延期】編集者が語る―坦雲亭で生まれた絵本

以下のフォームに必要な項目を入力のうえ、「確認」ボタンをクリックしてください。

  • お客様へ差し上げるお返事のメールの一部または全部の転載、二次利用はご遠慮くださいますようお願いいたします。
    ご入力頂きましたお客様の個人情報(氏名、電話番号、メールアドレス等)につきましては、お問い合わせの対応のために使用させて頂きます。
  • その他、個人情報の取り扱いに関しましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

※は必須項目です。

-








美術館に事前に連絡しておきたいことなどがございましたらご記入ください。
参加者以外の同伴者がある場合には、備考欄にご記入ください。