2021年4月25日(日)
15:00~16:30

酒井京子講演会「田畑精一さんとの絵本づくり」(オンライン)

【日時】
【定員】 70名
【参加費】 700円
【申し込み】 2021年3月25日(木)10時より受付開始
【講師】 酒井京子(童心社 会長)

田畑精一展の開催を記念して、『おしいれのぼうけん』を編集した酒井京子さんによる講演会を行います。古田足日さん、田畑精一さんとの三位一体での絵本づくりや、田畑作品の魅力についてお話をうかがいます。

※オンライン会議アプリのZoom を使用した講演会です。ご自宅などからご参加ください。
※参加お申し込みは、下記Peatixサイトにてお願いいたします(3月25日10時より受付開始)。
https://tabataseiichi.peatix.com

酒井京子

さかいきょうこ

1946年千葉県に生まれる。1968年、株式会社童心社に入社。編集部に配属される。以後、紙芝居と図書の編集に携わる。初めて担当した本は『宮沢賢治・花の童話集』(いわさきちひろ・画)。『おしいれのぼうけん』、「14ひきのシリーズ」(いわむらかずお・作)、『びゅんびゅんごまがまわったら』(宮川ひろ・作/林明子・絵)、『にちよういち』(西村繁男・作)、『えのすきなねこさん』(西巻茅子・作)などの絵本を手がける。 取締役編集長をへて、1998年代表取締役社長に就任、現在は会長。また、紙芝居の普及にも力を注ぎ、「紙芝居文化の会」の代表も務めている。