2022年7月24日(日)

西村繁男 講演会(オンライン)「日本の歴史を絵本に描く」

【日時】
【会場】 オンライン
【対象】 どなたでも
【定員】 70名(先着順)
【参加費】 700円
【申し込み】 6月24日(金)より下記 PeatixサイトURLから申し込み受付
【講師】 西村繁男(絵本画家)

ちひろ美術館コレクション 江戸からいまへ 日本の絵本展関連イベント

724日(日)14001530 絵本画家、西村繁男さんによる講演会「日本の歴史を絵本に描く」をオンラインで開催します。

江戸をはじめ、古代から現代にいたるまでのさまざまな人々を、絵本に描いている西村繁男さん。写真もなかった時代の人の姿や風景を、どのように絵にしているのでしょうか。ご自身の絵本づくりについてお聞きします。

※オンライン会議アプリのZoom を使用したイベントです。指定のURLよりご自宅などからご参加ください。

※参加お申し込みは、下記Peatixサイトにてお願いいたします。
http://ptix.at/MJv198

※本イベントは電話での受付はいたしかねますので、ご了承ください。

西村繁男『がたごと がたごと』(童心社)より 1999年


西村 繁男

1947年、高知県に生まれる。中央大学商学部在籍中からセツ・モード・セミナーでクロッキー、水彩画を学ぶ。卒業後、田島征三らの「ベトナムの子供を支援する会」に入り、反戦野外展に出品。1974年和紙に日本画の絵の具を使い、最初の絵本『くずのはやまのきつね』を発表。1985年、『絵で見る日本の歴史』で絵本にっぽん大賞、1990年『ぼくらの地図旅行』で絵本にっぽん賞、1996年『絵で読む広島の原爆』で産経児童出版文化賞、2000年『がたごとがたごと』で日本絵本賞を受賞。