いわさきちひろ ハマヒルガオと少女 1950年代半ば

- - 開催中

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

2018年12月15日、いわさきちひろ(1918-74)は生誕100年を迎えます。にじむ色彩で描かれた子どもたち、花々、そして大きく空けられた余白。絵本、挿絵、カレンダーなど、さまざまなメディアを通じて、ちひろの作品は没後40年を超えた今も愛され続けています。

「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろのことばをタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。

ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。本展では、資料を交えた約200点の展示品を通じ、作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

本展は、2018/07/14(土)~09/09(日)東京ステーションギャラリー、2018/11/16(金)~12/25(火)美術館「えき」KYOTO、2019/04/20(土)~05/26(日)福岡アジア美術館 にて開催します。

協賛:野崎印刷紙業株式会社

いわさきちひろ生誕100年特設サイト(特別展)

 
※展覧会の見どころや関連イベントなども紹介されている「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」の情報サイトは下記リンクよりご覧ください。
特別展「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」情報サイト