谷内こうた 『なつのあさ』(至光社)より 1969年

-

谷内こうた展 風のゆくえ

谷内こうた(1947-2019)は、叔父の谷内六郎のすすめで描いた初めての絵本『おじいさんのばいおりん』で1969年に絵本デビューをします。その後、『なつのあさ』(1970年)が日本人としては初めてボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞、早くから国内外で注目を集めました。 本展では、絵本原画とともに、「週刊新潮」などの雑誌の表紙絵や終生手がけた油彩画も展示し、谷内こうたの画業を紹介します。