いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女  『あめのひのおるすばん』(至光社)より 1968年

いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女  『あめのひのおるすばん』(至光社)より 1968年

-

1950-1970年代の絵本  絵本画家いわさきちひろ

第二次世界大戦後に画家として生きる決意をしたちひろは、絵本や絵雑誌などの、子どものための本の描き手となりました。本展では、1950年代から70年代の子どもの本の隆盛期に活躍した、ちひろの絵本画家としての仕事を、創作現場を見つめた編集者のことばなどとともに紹介します。