きくちちき『しろとくろ』(講談社)より 2019年(個人蔵)

-

ちひろ美術館セレクション 2010→2021 日本の絵本展

2011年の東日本大震災から始まった激動の2010年代。子どもを取りまく環境が変化する一方、画家たちは新しいテーマや表現に挑戦し、絵本をとおして今を生きる子どもたちに向けたメッセージを発信しつづけてきました。絵本界では、2000年代につづき、世代交代が進み、新しい世代のつくり手たちのめざましい活動も印象づけられました。また2010年代をとおして、「3.11」や「福島」を取りあげた作品が生まれ、「生と死」をテーマにした絵本も多く見られました。
2年の延期を経て開催する本展覧会では、子どもを中心とする社会状況の変化と、厳しい時代に求められ、生まれた多様な表現に焦点を当て、2010年から2021年に出版された絵本のなかから、注目を集めた絵本や、今後も活躍が期待される作家の作品を紹介します。