2021年8月8日(日)

8/8 田島征彦 アーティストトーク

【日時】
【会場】 安曇野ちひろ美術館
【定員】 30名
【参加費】 無料(入館料別)

※本イベントは定員に達したため、募集を締め切りました。
8/7の回はまだ空きがございます。

開催中の展覧会「現代の町絵師 笑いと反骨の画家 田島征彦展」に関連して、田島征彦さんが、制作秘話や絵本に対する想いなどについて語るアーティストトークを開催します。

原画が展示中の絵本の“よみ語り”もしてくださる予定です。

ぜひ、お申し込みのうえご参加ください。

 

田島征彦 Yukihiko Tajima

1940年大阪府堺市生まれ。高知県で少年時代を過ごす。京都市立美術大学染織図案科卒業。1976年『祇園祭』(童心社、第6回世界絵本原画展(BIB)金牌受賞)が最初の絵本。ほかにも『じごくのそうべえ』『てっぽうをもったキジムナー』(以上童心社)、『てんにのぼったなまず』(復刊ドットコム、第11回BIB金牌受賞)『ふしぎなともだち』(くもん出版、第20回日本絵本賞大賞受賞)など。35年の画業をまとめた自伝的画集『憤染記』(染織と生活社)を1995年に刊行。現在淡路市在住。

作品:田島征彦 『じごくのそうべえ』(童心社)より 1978年 大阪府教育庁蔵