谷川俊太郎が手がけた絵本

安曇野ちひろ美術館にて開催中の
いわさきちひろ生誕100年 Life展 みんな生きてる 谷川俊太郎
に関連して、谷川俊太郎氏が手がけた絵本のなかから、いくつかご紹介します。

 

『でんでんでんしゃ』

谷川俊太郎・文 スズキコージ・絵
出版社:交通新聞社
出版年:2016年

「あめなめらめるめ でんでんでんしゃ あめといっしょに ふってこーい!」と呼べば、雨樋から出てきたのはでんでん虫。それが「ぴたてんぴととん ぴとぴた ぴるん むくむく むくっ」と大きくなって、でんでん虫型電車になります。電車の前に線路はなく、這っていく跡に線路をひきながら、高い木に登ったり、虹の川を滑ったり、地下の世界に紛れ込んだり……。谷川俊太郎の言葉がつむぎだす奇抜な設定もなんのその、スズキコージが迫力ある絵で応えています。でんでんむしのぬめっとした動きを感じさせる言葉のリズムを、声に出して楽しみたい絵本です。

 

『ともだち』

谷川俊太郎・文 和田誠・絵
出版社:玉川大学出版部
出版年:2002年

「ともだち」とはなにか。谷川俊太郎がさまざまな角度から、具体的にともだちを定義していきます。「ともだちって」「ともだちなら」「ひとりでは」と章ごとにともだちについての考察を深め、「どんなきもちかな」「けんか」では相手の気持ちを想像させます。そして、会ったことのないともだちにも、ずっと思いを馳せていきます。谷川の簡潔な言葉と、和田誠のシンプルであたたかな絵が響き合い、1979年につくられた絵本がロングセラーとなって、今も読み継がれています。ともだちについて考えたり悩んだりしたときに、何度でも手に取ってほしい絵本です。

 

『もこ もこもこ』

たにかわしゅんたろう・さく もとながさだまさ・え
出版社:文研出版
出版年:1977年

表紙から裏表紙まで、画面下部の同じ位置に描かれた地平線を舞台として、不思議なかたちが生まれ、大きくなり、小さなかたちを飲み込み、再生して、はじけていきます。それぞれの形は抽象的ですが、「もこ」とか「にょき」といった擬音語とともにいきいきと動いているように見えます。前衛美術家の元永定正が手がける色と形はあたたかく、スケールの大きなユーモアをたたえています。谷川のことばとあいまって、子どもたちの身体感覚に快く響きます。抽象的な色と形と音で構成されたこの絵本は、子どもに理解できるのか、という大人の心配をよそに、刊行から40年以上経た今も、子どもたちから絶大な人気を誇るミリオンセラーの絵本となっています。

 

『せんそうしない』

たにかわしゅんたろう・ぶん えがしらみちこ・え
出版社:講談社
出版年:2015年

良く晴れた夏の日、女の子と男の子が松林を駆け抜けていく先に広がっているのは、青く輝く海と元気な子どもたちがいる平和な光景です。場面の展開に合わせて、「ちょうちょとちょうちょはせんそうしない きんぎょときんぎょもせんそうしない・・・」とテンポよくことばが続きます。それでは、戦争をするのは誰でしょうか?人間の大人です。なぜ、戦争をするのでしょうか?自分の国や子どもを守るためといいます。「せんそうすれば ころされる てきのこどもが ころされる みかたの こどもも ころされる」谷川は、平易なことばで戦争の現実を伝えます。それぞれの家庭の食卓、夜の帳が降りた後の静かな住宅街。なにげない日常の一場面と谷川のまっすぐなことばが平和の尊さを伝えます。

 

『き』

谷川俊太郎・詩 堀文子・絵 諸井誠・曲
出版社:至光社
出版年:1968年

「いっぽんの きが ある わたしの うちのにわに わたしの うまれる ずっと まえから」と始まる詩。楽譜がついているので、歌としても歌えます。隣のページの絵はパステルでしょうか、こげ茶色一色で描かれた木があります。絵のなかの木は頁によって林になったり一本になったり花をつけたりしますが、寡黙です。一方、詩のなかの語り手は、木に話しかけ、その花の香りをかぎ、喜怒哀楽を表しています。自然と人間のありかたを感じさせる不思議な絵本です。

 

『これはすいへいせん』

谷川俊太郎・文 tupera tupera・絵
出版社:金の星社
出版年:2016年

表紙から何だかただならぬ気配。双眼鏡で遠くの水平線を見ると、何か小さなものが浮かんでいます。「これはすいへいせんのむこうからながれてきたいえ」家だったと分かります。「これはすいへいせんのむこうからながれてきたいえで ひるねしていたおじいさんのガブリエル」家のなかで口をあけて寝ているおじいさんがクローズアップされます。「これはすいへいせんのむこうからながれてきたいえで ひるねしていたおじいさんのガブリエルが いつもみているだいじなえほん」おじいさんは手に開いた絵本をしっかりとにぎっています。谷川さんの書いた『のみのぴこ』を連想させる遊び心あふれるナンセンスな文に、tupera tuperaの凝ったグラフィックがよく合っています。

 

『ぴよぴよ』

谷川俊太郎・作 堀内誠一・絵
出版社:くもん出版
出版年:2009年

くもん出版が復刊した「ことばのえほん」シリーズの1作目。たまごから生まれたばかりのひよこが、はじめて動物や人間に出会う冒険物語でありながら、わんわん、しゅばしゅばしゅば、とぷんなど、オノマトペ(擬音語)だけでストーリが進みます。「ことばのえほん」シリーズは、谷川俊太郎と堀内誠一によって1972年に作られましたが、時代を感じさせない、親子で声に出して楽しめる絵本です。シンプルな絵とことばのなかで、ひよこのかわいらしさと、その表情の多様さが際立ちます。

 

『むかしむかし』

谷川俊太郎・詩 片山健・絵
出版社:イースト・プレス
出版年:2010年

むかしむかしぼくがいた―。アフリカを彷彿とさせる赤茶けた広大な大地を背景に、たった一人のぼくがいました。今と比べ足りないものは多いけれど、ぼくはたしかに、むかしむかしに生きていました。生まれ、死んでいく自分という存在は、どのように現在の自分とつながってきたのでしょう。“むかしむかしのぼく”が、“いまのぼく”へと収束するラストは、連綿と紡がれてきた命のつながりを読者に感じさせます。片山健の力強いタッチの絵が、生きていくぼくのたくましさを表しています。