西村繁男 『がたごとがたごと』(童心社)より 1999年

-

ちひろ美術館コレクション 江戸からいまへ 日本の絵本展

日本で広く絵本(絵入り本)が読まれるようになったのは、印刷技術が進歩して版本が流通するようになった江戸時代のこと。本展では江戸時代を起点に、現代までの絵本の歩みと広がりを、ちひろ美術館コレクションをもとに紹介します。伝統的な絵巻から、江戸期に盛んに出版された草双紙、明治期以後広がった子どものための絵雑誌、戦時中の絵本、そして今も読み継がれる絵本――。およそ400年の間に日本の絵本がどのように変化し、発展したかを見ていきます。