「あめ」

あめが ふります
あめが ふる
あそびに いきたし
かさは なし
べにおの かっこも
おが きれた

あめが ふります
あめが ふる
いやでも おうちで
あそびましょう
ちよがみ おりましょう
たたみましょう

いわさきちひろ 「あめ」『トッパンのえほん 童謡絵本⑦』より 1960年頃

この作品は、いわさきちひろが北原白秋の童謡「あめ」のために描きました。

1918年(大正7年)7月1日、鈴木三重吉は児童雑誌「赤い鳥」の創刊するとともに、「子供に向けて創作された芸術的香気の高い歌謡」を「童謡」と名付け、子どもたちに与えたいと願いました。このことを記念し、本日は「童謡の日」と呼ばれているそうです。

(K.R.)