ちひろ美術館開館40周年・20周年 記念対談

高畑勲(アニメーション映画監督)×奈良美智(美術作家)

[画像:かぐや姫の物語© 2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK]

現在、ちひろ美術館・東京で開催中の「いわさきちひろ展」と「茂田井武展」をつくったふたりが、当館の開館40周年、安曇野ちひろ美術館の開館20周年を記念して夢の対談を行います。絵の奥をみるということ、そして表現するということへの思いをじっくり語り合います。

申込方法

【往復はがき】往信用のはがきの裏面に、
①「ちひろ美術館40・20周年記念対談 高畑勲×奈良美智」参加申し込み
②ご住所
③お名前(ふりがな)
④日中連絡のつくお電話番号
⑤この催しを何で知りましたか?
⑥参加希望人数(1名または2名)
⑦ちひろ美術館(東京・安曇野)で開催の「高畑勲がつくるちひろ展」、「奈良美智がつくる茂田井武展」
をご覧になった方は、その日付とご感想を、お書きください。返信用のはがきの宛名面に、参加証のお送り先をお書きのうえ、下記にお送りください。

<宛先>〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2 ちひろ美術館・東京
「ちひろ美術館40・20周年記念対談 高畑勲×奈良美智」係

●締切:2017年8月8日(火)必着
●往復はがき1枚につき2名様までご応募いただけます(ご応募はおひとり様1通まで)。
●8月15日(火)までに、当落のご連絡を発送します(当落についてのお問い合わせはお受けできかねます)。当日は、当選の通知(参加証)を必ずご持参ください。
●キャンセルの場合は、お早めにちひろ美術館・東京(電話03-3995-0612)までご一報ください。

高畑勲

(1935~)

三重県伊勢市に生まれ、岡山で育つ。東京大学仏文学科卒業。東映動画(現・東映アニメーション)などを経て、1988年、宮崎駿らとスタジオジブリ設立。主な監督・演出作品にTVシリーズ「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」、映画「じゃりん子チエ」「セロ弾きのゴーシュ」「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョとなりの山田くん」「柳川掘割物語」「かぐや姫の物語」など。そのほか「王と鳥」など海外アニメーションの日本語版翻訳・監修や『十二世紀のアニメーション』『アニメーション、折にふれて』など著作多数。

奈良美智

(1959~)

青森県生まれ。1988年、愛知県立芸術大学大学院修了の翌年にドイツに渡り、国立デュッセルドルフ芸術アカデミー修了。その後も、99年までドイツに滞在して制作と活動を行う。2000年に帰国後、日本を拠点に世界中で展覧会を開催する。2001年と2012年に横浜美術館で大規模個展、また2010年にAsia Society Museum(ニューヨーク)、2015年にAsia Society Hong Kong Center(香港)で個展を開催。現在、豊田市美術館(愛知県)にて個展を開催中(~9/24まで)。絵画を中心にドローイングや彫刻など幅広い表現で、国や文化背景を超えた人々と共振し支持を得る。
[画像:©Yoshitomo Nara]