いわさきちひろ ハマヒルガオと少女 1950年代半ば

-

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

あふれる白い光とうるおう色彩、そのなかを泳ぐ花々と子どもたち。童画のイメージを決定づけ、今なお広く国民に愛され続ける画家・絵本作家、いわさきちひろ(1918~1974)。
生誕100年を記念し、いわさきちひろをあらためて「絵描き」として捉え返す回顧展を開催します。

ちひろの創作の魅力の秘密に踏み込む空間を演出。
同時に、いわさきちひろの感性の形成期、模索期、スタイルの完成、そしてそれが世に浸透していく過程を、新出の資料も交えてたどりながら、凝らされた技術の分析を試みます。

高畑勲氏監修による、絵のなかに入り込む空間演出も見どころです。

いわさきちひろの魅力の再確認とともに、童画家としてのイメージの刷新に挑む機会にご期待ください。

本展は、
2018年7月14日(土)~9月9日(日)東京ステーションギャラリー
2018年11月16日(金)~12月25日(火)美術館「えき」KYOTO
2019年4月~5月(予定)福岡にて開催します。

いわさきちひろ生誕100年 特別展