ちひろの歩み 社会の主な出来事
1918
大正7年
0

生後57日目 1919年

12月15日、岩崎正勝・文江の長女として母の単身赴任先・福井県武生市(現・越前市)で生まれる。本名知弘。
父・正勝は陸軍築城本部の建築技師、母・文江は女学校の教師(博物家事・理科)。

7月、「赤い鳥」創刊。
11月、第一次世界大戦終結。
1919
大正8年
0

現在の東京都渋谷区道玄坂に移る。

1920
大正9年
1
妹・世史子生まれる。
1922
大正11年
3
東京・渋谷の四反町(現・東)に移る。
渋谷町立長谷戸小学校に入学。
1月、「コドモノクニ」創刊。
1923
大正12年
4
妹・準子生まれる。
9月、関東大震災。
1925
大正14年
6
東京・渋谷の向山町(恵比寿・南)に転居。
渋谷町立長谷戸小学校に入学。
4月、治安維持法公布
1927
昭和2年
8
学芸会等で席画をよくする。
岡本帰一、初山滋、武井武雄らの絵を好む。

昭和天皇即位の記念式典に出席した両親と(左端)1928年

武井武雄の呼びかけで日本童画家協会結成。