安曇野ちひろ公園について

安曇野ちひろ美術館のみどころのひとつが、美術館の周囲に広がる53500m2の安曇野ちひろ公園(松川村営)です。蓮華岳をはじめとする北アルプスの山々を望みながら、ちひろが愛した安曇野の光や風、豊かな自然を感じることができます。
芝生に寝転んで空を見上げたり、四季折々の花を楽しんだり、公園の脇を流れる清流・乳川(ちがわ)の川辺を散歩したりと、思い思いのひとときを過ごすことができます。
2016年7月23日には、安曇野ちひろ公園内に、農業体験や郷土食づくりができる体験交流館や、『窓ぎわのトットちゃん』の世界を再現したトットちゃん広場が誕生しました。
トットちゃん広場公式サイトへ
Facebookページでも情報を発信しております。
トットちゃん広場Facebookへ

ちひろの黒姫山荘

1966年、長野県・信濃町の黒姫高原に、いわさきちひろが建てたアトリエを兼ねた山荘を復元しました。山荘で制作された絵本なども展示されています。

パツォウスカーの庭

チェコの絵本画家、クヴィエタ・パツォウスカーがデザインした、2つの池と8つの石のオブジェがあります。子どもたちに人気のタイル貼りの池は、水深が10cm。安心して水遊びができます。

大花壇

松川村ボランティアの手による約1万株の大花壇は、初夏と秋に植え替えが行われます。パンジーやマリーゴールド、ブルーサルビアなど、季節に応じた色とりどりの花々が楽しめます。

館内

館内は「世界の絵本館」と「ちひろ館」で構成され、子どもから大人まで、日常を忘れ、一日ゆっくり過ごすことができます。
開催中の展覧会一覧へ

安曇野ちひろ公園

蓮華岳をはじめとする北アルプスの山々を望みながら、ちひろが愛した安曇野の光や風、豊かな自然を感じることができます。
安曇野ちひろ公園へ